Tel.0544-27-4118

受付/9:00〜18:00 
定休日/水曜日

2022.08.22

★祝★富士宮市Y様邸リフォームお引渡し:大森

★祝★富士宮市Y様邸リフォームお引渡し:大森

_/_/_/ スタッフ大森執筆分は(月)(金)12:00更新中♪ _/_/_/

こんにちは♪

静岡県富士市・富士宮市でおしゃれな注文住宅だけでなく、

提案型のリフォーム・リノベーションも実施している

FIVE HOME(ファイブホーム)の大森です!

先月より工事させていただいておりました、

富士宮市Y様邸の和室リフォームが完了しました💡

築数十年の住宅ですがこの度のリフォームで

キレイに、そして暮らしやすく生まれ変わりました!

早速ビフォー&アフターで見ていきましょう👀

 

 

ビフォー1

【Before】

アフター1

【After】

南部屋のベッドを置いていたスペースは

ナチュラル色のフローリングに変更しました✨

こうした部屋内の壁の凸凹にはアクセントクロスの出番ですね!

基本は元々の壁色から離さずベージュ色ベースで、

こちらのスペースのみスッキリとした印象のグリーン色で仕上げました🌱

落ち着いた色調(トーン)のブラウンやグリーン系の色は

アースカラーとして調和するので合わせやすいですよ💡

 

 

ビフォー2

【Before】

アフター2

【After】

南部屋の南面は掃出し窓+田んぼに面していて転落の危険性がありました⚠

今回のリフォームの大きなポイントとなるこちらは腰窓で対応。

遮光の役割をカーテンから障子に切り替えることで

スッキリとした印象に加え和室の趣もグッと高まりました👍

さらにペアガラス窓と外付シャッターで防音もバッチリ

目の前の田んぼにカエルがスゴいとのことですが、

これで気にせず安心して寝られますね🐸

シャッター

 

 

 

ビフォー3

【Before】

アフター3

【After】

ビフォー4

【Before】

アフター4

【After】

二間を区切る障子は床の高さを調整する為に全て新調しました。

主張の強すぎない襖紙を選び、襖枠も木地色にすることで

こちらもキレイでシンプルな印象に収まりました。

また、過去に塞いでしまったという欄間部分を

再度復活させて通気性や明るさを確保しました。

 

 

ビフォー5

【Before】

アフター5

【After】

ビフォー6

【Before】

アフター6

【After】

北部屋の押入や床の間も一新しました✨

床面を一度完全にフラットにした後、地袋収納を倍増してます。

物が取り出しやすいように引戸から開き戸に変更したり、

Y様のご要望で天板に腰掛けても大丈夫なよう強度を取ってます💪

こちらの窓もカーテンから和柄が美しいプリーツスクリーンに変更

レース生地のスクリーンとダブルの仕様で、シーンに合わせて使い分けできます。

ちなみに、こちら側にもしっかりと外付シャッターを取り付けてます。

シャッター

 

 

 

ビフォー7

【Before】

アフター7

【After】

そして今回のリフォームのもう一つの要、床面の高さ調整です!

これまでは隣室との境が段差になっており躓く危険性がありました⚠

畳の肉薄化で全面をフラットに仕上げ、安全性を確保しました。

もちろん、二間を繋ぐ敷居部分もしっかり高さを合わせて作り直しております💡

 

 

以上、富士宮市Y様邸より和室リフォームのビフォー&アフターをお届けしました!

家庭内の事情から特にバリアフリー化を急いで欲しい、

そしてやるからには他人様に見せても良いようにキレイに仕上げて欲しい

というY様の2つのご要望を叶えるリフォームを実施させていただきました。

まだまだリフォームしたい箇所がたくさんあるとご意欲あふれるY様、

また計画が進みましたらお声掛け頂けると嬉しいです(^^♪

★祝★富士宮市Y様邸リフォームお引渡し:大森

★祝★富士宮市Y様邸リフォーム着工:大森

READ MORE
大森blog icon

今日の一言

富士宮市にもいよいよスーパーマーケットのオギノが進出予定!
静岡県では御殿場や沼津にもありますがご存知ですか?
山梨県で馴染みのある私としてはちょっとワクワクしますね。
“売り切る”マーケティングに秀でた会社で、他の小売業のお手本にもなっているとか。

出店情報

この記事を書いた人

大森さん

住宅部

大森 和真

1990年4月27日生まれ、山梨県南巨摩郡富士川町(旧:増穂町)出身。山梨大学では化学・生物学の融合分野において研究活動に勤しむ。大学院を中退し、小売業(ホームセンター)に就職。静岡県東部において6年間、地域住民のくらしを支えるビジネスを修業。30歳という節目で家族の将来を見直し、FIVE HOMEに入社。