Tel.0544-27-4118

受付/9:00〜18:00 
定休日/水曜日

2021.10.09

白蟻被害:広瀬

白蟻被害:広瀬

こんにちは。富士市・富士宮市でナチュラルな注文住宅を建築しているファイブホームの広瀬です。

 

皆さまは白蟻の対策はきちんとされていますでしょうか?今回は白蟻の被害をお見せしていこうと思います。

側板

こちらは階段の側板を写したもので白蟻によって表面まで穴が開いてしまっています。

側板 裏1
側板 裏2

こちらは先ほどの階段を裏から見た写真で、裏側の側板は完全にスカスカになってしまっています。

土台

こちらが土台の写真になります。柱の根本から白蟻が上がっていったあとがあります。

このように白蟻は見えないところで木材を食べ、表面に出てきたときには内側はひどく食べられたあとということが多いのです。

実はこの写真はまさに今、自分の家の白蟻被害を写したものでこれから白蟻駆除と修繕の工事を控えています。

皆さまも白蟻被害には注意してください。もしも白蟻関係のご相談がおありの方はぜひともファイブホームまでご連絡ください。

この記事を書いた人

広瀬さん

建築部

広瀬 衡

1994年8月15日生まれ、高校、大学を経て24歳の年に明徳建設に入社。建築とは無関係の経歴からの入社のため日々様々なことを勉強中。